大豆イソフラボンが育毛効果があるって本当なの?

大豆イソフラボンが育毛効果があるって本当なの?

当記事では、大豆イソフラボンについて詳細に記載しています。「イソフラボンとは何か?」という素朴な疑問からイソフラボンに含まれる健康効果や近年注目されている育毛効果について言及しています。

 

 

大豆イソフラボンって?


豆科の植物に多く含まれている植物性ポリフェノールのことを言います。

 

それは近年女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかり、脚光を浴びています。

 

 元々は、大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)部分に多く含まれる抗酸化物質の1種で、細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる健康に良いものとして広く知られています。

 

大豆イソフラボンは身近な食べ物、料理の中に含まれています。

 

大豆イソフラボンを含む食品
食品 食品量 大豆イソフラボン含有量
大豆飲料 125ml 69.0mg
納豆 1パック(50g) 65.0mg
豆腐 1/2丁(110g) 55.0mg
油揚げ 1/2枚(75g) 52.5mg
大豆煮 50g 30.0mg
味噌 大さじ1(18g) 7.2mg

 

厚生労働省の食品安全委員会が定めたイソフラボンの安全な1日の上限摂取目安量は75mgです。

 

サプリメントでの摂取量は、日頃の食事を考慮して、1日当たり30mg程度をおすすめします。

 

食事での摂取目安量(1日)
  • 豆腐約1/2丁(110g)
  • 納豆1パック(40g)
  • 煮豆約80g

 

大豆イソフラボンの様々な健康に良い効果


植物性ポリフェノールには、強い抗酸化作用や抗ヒスタミン作用があり、老化・ガン・動脈硬化などの生活習慣病を発症する原因の一つとされる活性酸素の発生を抑制する効果があります。

 

また、ポリフェノールには、アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑える天然の抗ヒスタミン作用の働きもあるそうで、花粉症で悩んでいる方の中には、植物性ポリフェノール摂取不足が原因ということもありえます。

 

健康食品系の大豆イソフラボンサプリ
  • イソラコン
  • コラーゲンイソフラボン
  • 大豆イソフラボン+亜麻リグナン
  • 大豆イソフラボン&GABA

 

大豆イソフラボンの育毛効果


育毛からみると、大豆イソフラボンは髪の材料となる植物性たんぱく質が豊富で非常に魅力的です。

 

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、男性ホルモン(テストステロン)の過剰な分泌を抑制してくれます。

 

テストステロンの過剰な分泌を抑えれば、脱毛の最大原因とも言われる脱毛ホルモン(DHT(ジヒドロテストステロン)が減るので、結果的に脱毛の抑制に繋がります。

 

また、大豆には、毛細血管を太くする【ビオチン】というビタミンが多く含まれているため、
AGA(男性型脱毛症)効果にも生活習慣病にもいい。

 

さらにさらに、唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」と大豆に含まれる「イソフラボン」を同時に摂取すると育毛に大きな効果があることを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明講師らのグループが実証※しています。

 

ただ、大豆イソフラボンと唐辛子のカプサイシンだけでは、まだ育毛効果は「弱い」と思います。

 

育毛効果を最大限に発揮するには「ノコギリヤシ」などの育毛有効成分と一緒に摂取する必要があります。

 

国内で唯一のイソフラボン、唐辛子、ノコギリヤシが入った育毛サプリはチャップアップ(CHAPUP)になります。

 

こちらの商品は副作用も事例もなく、安心して健康的に続けることができます。

 

私が実際にチャップアップを使用した際の体験談も載せていますので気になった方は一読してみてくださいね。

 

大豆イソフラボンが育毛効果があるって本当なの?

 

 

※唐辛子と大豆で育毛効果 名古屋市立大教授ら実証

米科学誌に近く論文が掲載される。岡嶋教授は「1日に、小さじ2杯の唐辛子と半丁の豆腐を食べると効果が出る」としている。

 

髪の毛のもととなる毛母細胞は、ペプチド「IGF−1」によって分裂・増殖が盛んになる。岡嶋教授らは、カプサイシンとイソフラボンが、毛根の中のIGF−1を増加させる働きを持つことを、マウスを使った実験で突き止めた。

 

実際に薄毛や円形脱毛症の人31人に5カ月間、1日カプサイシン6ミリグラム、イソフラボン75ミリグラムを摂取してもらったところ、20人に育毛効果が認められた。実験とは別に12歳の重症円形脱毛症の少年が摂取すると、はっきりと効果が表れた。